デュタステライド配合のアボダートについて簡単にまとめてみたで!


アボダートはイギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売している
AGAへの効果が期待される育毛剤です。

 

最近では市販薬でも海外製で
色々な育毛剤や発毛剤が販売されています。

 

そんな数多くあるAGAの治療薬の中でも特に注目されているのがアボダートなのです。

 

5aリダクターゼ酵素を抑制する効果があるということで期待されているのですが、

 

T型、U型両方への効果があるといわれています。

 

アボダートはプロペシア配合の治療薬よりも効果が高いといわれており、
実際にその効果を実感できた方も多数います。

 

その理由としてはデュタステライドが配合されているためです。

 

この成分はプロペシアに配合されている成分よりも
強力に薄毛の原因となる成分を抑制してくれます。

 

副作用としては経口薬のため、顕著にあらわれることがあります。
またステロイド系なので長期間使用すればするほどに
耐性がついてしまう可能性があります。

 

より多く摂取しなければ効果を
実感できなくなる可能性があるのです。

 

更にリバウンドをしてしまう危険性もあります。

 

アボダートの摂取を止めた途端に以前よりも薄毛が進行してしまうのです。

 

これらの副作用は多くの方に現れる訳ではありません。

 

稀に現れる副作用なのでそれほど心配はしなくて良いと思いますが
特に個人輸入で購入する場合には考慮しておいた方がよいでしょう。

 

アボダートもAGAの治療薬なので基本的には病院での処方薬としてもらえるものです。
自分の症状をよく知った上で医師と相談しながら決めていきましょう。

 

デュタステライドの効果と副作用について

AGAに効果のある成分といえばフィスナリテドが有名ですが、

 

この他にもデュタステライドという成分があります。

 

デュタステライドの効果と副作用については、フィスナリテドとほぼ同等で、

 

AGAの原因となる5αリダクターゼの働きや生成を抑制し、
AGAによる抜け毛を減らしていくというものです。

 

副作用としても、希に性欲減退があったりするようですが、一時的なことが多く、
どんどん性欲が減退していってしまうようなことはありません。

 

また、デュタステライドは前立腺肥大の治療薬としても使われており、
低用量のデュタステライドを前立腺肥大の治療に、
前立腺がんの場合には高容量のデュタステライドが用いられています。

 

リダクターゼには二つの種類があるのですが、
フィスナリテドは一種類のリダクターゼだけに抑制効果を発揮することに対し、
デュタステライドは二種類のリダクターゼに抑制効果を発揮するので、
よりAGAへの効果が高いというメリットがあります。

 

ただ、現在ではAGA治療に効果を発揮するために薬として販売することが認められておらず、

 

これからの活躍に期待をするといった段階のようです。

 

二種類のリダクターゼに効果があるということで、

 

副作用もそれだけ強くなってしまうのでは無いかなどという声も出ているようです。

 

今後に期待の成分です。