ツゲインについて簡単にまとめてみたで!

 

ロゲインやリアップと同じ成分の「ミノキシジル」育毛剤です

 

 

発毛剤のひとつにツゲインがあります。

 

ツゲイン2は、ロゲイン2%と同じミノキシジルのジェネリック医薬品で、

 

AGAの治療薬として注目されている薬で、ミノキシジルが配合されています。

 

ツゲイン5には5%、ツゲイン10には10%のミノキシジルが配合されています。

 

AGAは男性型脱毛症のことで、遺伝やストレス、または男性ホルモンが原因で起こる症状です。

 

本来男性ホルモンというのは体毛を濃くする役割を持っています。

 

ですがなんらかの異常によってジヒドロテストステロンという物質が分泌されるようになり、

 

それが頭皮の薄毛を進行させてしまうのです。

 

ミノキシジルにはこのジヒドロテストステロンの分泌を抑制させる働きがあります。

 

つまりツゲインを使うことで薄毛を抑制することができるのです。

 

また、ツゲインには血行促進などの効果もあるため発毛を促進させることもできます。

 

ツゲインは薄くなっている部分に直接塗布することによってその有効成分を頭皮の毛穴から浸透させるものです。

 

副作用としてかゆみやかぶれが起こることもあるので用法・用量はきちんと守るようにしましょう。

 

重篤な副作用は特に報告されていませんが、輸入したツゲインは使用しない方がよいといえます。

 

特に個人輸入の場合には安全性が確認されていないので副作用が酷く起こる場合もあります。

 

基本的にツゲインは病院で処方してもらって使うことができます。

 

市販はされていないので個人輸入という形になります。

 

処方してもらう方が使い方などもよく分かるので、まずは病院に行ってから症状を見てもらうことが先決です。

 

ツゲインが自分に合わない場合もあるのでいくつか試してみてから決めるのも良いと思います。

 

ツゲイン