まずは男と女の薄毛のメカニズムを正しく理解しよう

自分の髪の毛が薄くなったことに気が付いて

 

「あ〜歳をとったせいかなあ」

 

などとため息をついている人もおられると思います。
しかし「薄毛は加齢のせい」というだけではありません。

 

毛髪の後退を自然な変化として
受け入れられるおおらかな性格の方ならともかく、

 

幾らかでも改善したいと思っているなら、
より効果的なアプローチを検討しましょう。

 

薄毛は男性と女性で発生するメカニズムも傾向も異なります。

 

原因には、ホルモンバランスの変化やストレス、
女性の場合は出産など、身体の変化に関わる事態が
関係していることが珍しくありません。

 

髪が薄くなる理由を正しく理解しないで、
適切な対処はありません。

 

最近は10代から30代という比較的
若い女性で薄毛に悩む人も増えてきました。

 

この場合、薄毛の背後に病気が潜んでいる可能性があるため、
問題としては深刻です。

 

これも「ストレスのせい」などと片付ける傾向が強いですが、
ストレスは原因の一部であってすべてではありません。

 

ここでは男女で異なる薄毛の進み方について説明していきます

 

男女で異なる薄毛の進み方

そもそも薄毛の進行は男女で異なります。

 

男性がいわゆるハゲになってしまうのとは違って、
女性の場合は、毛髪の量が全体的にボリュームダウンしていきます。

 

両社はそれぞれ男性型脱毛症、
女性型脱毛症と呼ばれています。

 

ではなぜ男女の薄毛への進み方には違いがあるのでしょう。

 

それは薄毛の進行はホルモン、
すなわち男性ホルモン・女性ホルモンの影響が大きいからです。

 

男性の薄毛の進み方

 

男性の薄毛には、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが大きく関わっています。

 

男性ホルモンは酵素である5α−リダクターゼと結びつくことで、

 

毛髪を生み出す毛母細胞を攻撃する脱毛ホルモン(ジヒトロテストステロン=DHT)に変化します。

 

この作用で毛母細胞の働きが弱まると、毛髪は細く、短くしか生えてこなくなり、
ついにはうぶ毛化してしまいます。

 

やがてその毛髪も抜け落ち、新し毛髪が生えなくなってしまうのです。

 

そんなんいやや!と思ったなら、
しっかりと育毛剤を正しく使いましょう。

 

5αリダクターゼを阻害する方法として育毛剤は最適なんです。

 

女性の薄毛の進み方

 

女性の薄毛には、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関わっています。

 

エストロゲンは女性の髪の毛の成長には絶対的に必要な存在で、

 

これが閉経後はとくに減少してしまうので、
中高年の女性の薄毛の原因になっているんですね。

 

じゃぁエストロゲンを減らさないにはどないしたらいいの?

 

その方法に
・イソフラボンを摂取する
・正しいシャンプーと育毛剤を使う

 

この2つが重要になります。

 

ときめく恋をすることでもホルモンが出やすくなるようですが、
30歳あたりを越えたころから
「恋ってどんなかんじだったかな?」
という女性が多いと思うので、

 

恋をしろというのは現実的ではないので

 

しっかりと食生活と育毛に励むことが
薄毛対策になります。

 

まずは男と女の薄毛のメカニズムを正しく理解しよう関連ページ

育毛剤の効果を最大限に引き出す育毛剤の使い方
育毛剤の効果を最大限に引き出す育毛剤の使い方
育毛剤を浸透させるもみだし洗い
育毛剤を浸透させるもみだし洗い
育毛剤をきちんと浸透させ,育毛させるための頭皮ケア
育毛剤をきちんと浸透させ,育毛させるための頭皮ケア
分け目が気になりだしたら【育毛剤】その効果と効かせる3つのコツ
髪の分け目が目立ってきたら育毛剤を試してみて☆
女性ホルモンバランスの乱れは薄毛を加速させる。
女性ホルモンバランスの乱れは薄毛を加速させる。