女性ホルモンバランスの乱れは薄毛を加速させる。

女性ホルモンにはエストロゲンという女性らしさをつくるホルモンがあり、
このホルモンは女性らしい体格を作ったり、子宮を成長させたり、
という働きがあります。

 

髪の毛に影響を与えているのは,このエストロゲンというホルモンです。

 

エストロゲンは女性の髪の毛にとって必要なホルモンで、
髪の毛を発達させて、綺麗な毛髪にしてくれる働きがあります。

 

成長した毛髪を維持してくれるという大切な役割もあります。

 

もう一つ、女性ホルモンの中でプロゲステロンというホルモンがあり、
排卵を抑制したり、体温を上昇させたり、

 

皮脂の分泌を高めたり、
細菌が入らないよう子宮口の粘液を
増加させたりする働きがあります。。

 

このホルモンは薄毛への影響はほとんどないと言われています。

 

この二つの女性ホルモンは、

 

約28日周期で分泌量が変化して、
交互に優位に働きます。

 

生理が始まって排卵までの約14日間はエストロゲンが優位に働き、
基礎体温が下がる低温期です。

 

排卵後から次の月経が始まるまでは、プロゲステロンが優位に働き、
そう体温が上昇する高温期です。

 

この二つのホルモンが優位に立つ時期によって頭皮に影響があるのです。

 

低温期は「月経期」「月経後」
高温期は「排卵期」「月経前」

 

それぞれ二つ4つの期間に分けることができます。

 

女性ホルモンバランスの乱れは薄毛を加速させる。関連ページ

育毛剤の効果を最大限に引き出す育毛剤の使い方
育毛剤の効果を最大限に引き出す育毛剤の使い方
育毛剤を浸透させるもみだし洗い
育毛剤を浸透させるもみだし洗い
育毛剤をきちんと浸透させ,育毛させるための頭皮ケア
育毛剤をきちんと浸透させ,育毛させるための頭皮ケア
分け目が気になりだしたら【育毛剤】その効果と効かせる3つのコツ
髪の分け目が目立ってきたら育毛剤を試してみて☆
まずは男と女の薄毛のメカニズムを正しく理解しよう
まずは薄毛のメカニズムを正しく理解しよう