それ間違ってる?!正しい育毛シャンプーの選び方


 

豊かな泡立ちやシリコンの有無をシャンプー選びの基準にしているのでは?

 

その選び方は大誤解。

 

シャンプーの優秀さは
界面活性剤の刺激の強さで決まります。

 

刺激も強く、洗浄力の強い市販のシャンプーは

 

皮脂だけでなく、育毛に必要な成分まで取り去られるので、
「頭皮や毛穴はきれいになるが、頭皮や毛はおとろえてくる」
という現象が起こります。

 

皮脂を取らないと駄目なんてことはないんです。

 

毛穴は皮脂で詰まりません!

 

マイクロスコープ(拡大鏡など)で毛穴を拡大して見せられると
誰でも皮脂が毛穴に浮いて見えるし、フケが見えます。

 

それが普通ですからハゲになるということはありません。

 

皮脂が多くなったり毛が老化するのは男性ホルモンが影響しており、
皮脂が毛の老化に直接関係しているのではありません。

 

したがって「毛穴を掃除して皮脂を取らなければ」
とかいう育毛法は、基本的に間違いです。

 

なので洗浄力強いシャンプーは薄毛やハゲの原因になるんです。

 

シャンプーの成分の中で水の次に多く含まれる成分ですので注意したいところです。

 

最も頭皮に悪いのはラウレス硫酸Na。

 

フケやかゆみでたまらなくなります。

 

特にもともと皮脂の少ない女性は
「皮脂の取りすぎ」による薄毛・ハゲの進行に気をつけましょう。

 

女性の方で、今現在皮脂のが多いと感じていて薄毛になっているなら、
問題は皮脂ではなく皮脂の取り過ぎと、
皮脂の分泌を増やしている環境に問題があります。

 

 

シャンプーの中で最も安心して使えるのがアミノ酸系シャンプー。

 

アミノ酸系シャンプーは男女ともすべてのタイプの頭皮にやさしく、
髪に対しても低刺激、つまり身体に対する安全性が高いシャンプーです。

 

また弱酸性で、保湿性が高く頭皮が突っ張りません。

 

洗い上がりの髪のパサツキも少なく、髪にも優しいシャンプーと言えます。

 

アミノ酸系シャンプーの見分け方ですが,商品に「アミノ酸系」と書いてあれば、
間違いなくアミノ酸系の洗浄成分が含まれています。

 

代表的なアミノ酸系の洗浄成分をいくつか上げると、

 

ココイルグリシンナトリウム、
ココイルグリシンカリウム、
ココイルグルタミン酸ナトリウム、
ココイルグルタミン酸カリウム、
ココイルアラニンナトリウム

などがあります。

 

ただし、アミノ酸系シャンプーは、石けん系シャンプーや、高級アルコール系シャンプーに比べて、
洗浄力がやや弱いため、時間をかけて丁寧に洗う必要があります。

 

また頭皮にもつきやすいので
洗い終わったらしっかりと洗い流しましょう

 

 

 

それ間違ってる?!正しい育毛シャンプーの知識と選び方記事一覧

市販されているシャンプーを使われる方が多いと思いますがほとんどの方がシャンプーは安全なものとして考え「安全だから選んだ」という理由はあえてあげる人はいないでしょう。こういうと「商品として販売されているのだから、安全性は確認されているはず」「天然成分、無添加をうたっているのだから安全なはずだ。」即座にそんなふうに考える人もいるかもしれません。それがそもそもの勘違いでなのです。確かに人体に重大な危険を...


「無添加」「オーガニック」「天然成分」「植物性」と聞くと確かに体にやさしい印象を受けます。ですがそれは単なる印象に過ぎません。なぜなら,無添加やオーガニックの表示には明確な基準や定義が存在しないからです。例えば無添加シャンプー。これは表示指定成分が入っていないシャンプーを指すことがほとんどです。表示指定成分とは、旧厚生省が定めた、極稀に安全性に問題があり,皮膚障害を起こす恐れのある約100種類の成...


身体に対する安全性が高いのは、アミノ酸系のシャンプーです。髪や頭皮に負担をかけずに優しく洗うことが出来ます全てのタイプの頭皮にやさしく、髪に対しても低刺激で肌=頭皮と同じ弱酸性なので、保湿性が高く、頭皮がつっぱりません。洗い上りの髪のパサツキもなく、髪にもやさしいシャンプーといえます。また、アミノ酸は天然素材で生分解性・資化性(自然にかえりやすいということ)に優れていることから、人体だけでなく、地...


よくトリートメントを使うと,ダメージヘアが修復すると言われています。シャンプーだけだと髪の毛がキシキシするなどの理由から、シャンプーなどには必ずトリートメントをしている人がほとんどだと思います。シャンプーとトリートメントを同じブランドでそろえて使っている人も多いでしょう。そもそも髪が修復するってどういうことか考えたことありますか?あまり意識されていませんが,髪の毛はつめと同じ角質細胞で既に死んだ細...


ではなぜなぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?この点に関しては,消費者のニーズにも問題があります。例えば皆さんはシャンプーは「よく泡立つものが良い」「洗浄力が高い方がいい」と思ってはいないでしょうか。実際に使ってみて、泡立ちが今ひとつだと何となくもの足りなく感じて、洗った気がしない。シャンプー流した後は、髪はパサっとしているくらいの方が洗った気がする。そんな経験を踏まえて,泡立ち...


髪の毛を太くする方法として洗浄力の強いシャンプーはできるだけ避けましょう。皮脂の摂りすぎで頭皮が乾燥していしまい、フケやかゆみだけでなく薄毛の原因になります細い髪の毛になってしまいます。特に頭皮に悪いのは硫酸系のシャンプーです。ラウリル硫酸ナトリウムなどの成分ですね。ではどんなシャンプーが髪の毛を太くするための環境をつくってくれるかといいますとヘアケアバイブルでも取り上げられているようにアミノ酸系...


アミノ酸シャンプーを使うと頭皮がかゆくなることがあります。私自身も何度も経験しましたが、それは洗浄力が弱いということです弱すぎると人によってはかゆくなってしまいます。ちなみにアミノ酸系シャンプーで使用したなかでもっとも洗浄力がやさしかったのはS−1シャンプーでした。なのでアミノ酸系のシャンプーを使用するときは時間をかけて丁寧に洗う必要があります。髪の毛に対して保湿効果が期待できますが、頭皮にもつき...


女性の育毛シャンプーの選び方抜け毛で悩まれている女性の育毛シャンプーはどういったものがいいのか、友人の専門家に聞いたところによると、現在多くのシャンプーに含まれている【ラウリル流酸ナトリウム】が含まれているシャンプーは高級アルコール系シャンプーといいまして、原価も安いことから大量生産ができることから、一番市場に出回ってるシャンプーです。実はこの成分が含まれたシャンプーは敏感肌の方や抜け毛が多い方に...


〜残念、幻想でしかなかったシャンプーのおかげで発毛〜値段の高さにとやかくいうのはひとまずやめにしよう。本当にも効果があるのならば,高くてもしょうがないじゃないか。と識者に聞いてみたが,残念なことが判明。頭皮環境を良くするだけで発毛につながるということはないとの答えが返ってきたのだ。脱毛の最大要因は,男性ホルモンだと医学的には明らかになっているので,「頭皮環境の悪化」が脱毛と直結しているかのように思...


界面活性剤の働きと界面活性剤が頭皮におよぼす影響についてやべぇ・・・「界面活性剤」といいますと“危険”というイメージがあるようですが、良いものと悪いものと両方あります。過去に石油系界面活性剤の毒性が問題になったため頭皮に悪い成分と認識されてしまっているようです。界面活性剤とは簡単に言えば水と油わ混ぜ合わせる乳化剤のことなのです。食品、化粧品、家庭用洗剤など様々なものに使用されています。ただ、問題に...


スカルプDを一気に人気商品に押し上げた吉本芸人。増毛に成功した芸人たちは,さもスカルプDのおかげというふうにCMに出ていましたが,そこには大きなからくりがあります。WEB サイト内でこっそり明かされていたのは、「頭髪医療の併用」という真実。つまり彼らは治療を受け,髪をはやしていたのです。シャンプー単体の効果ではありませんでした。ではどんな治療が行われていたのでしょうか。ここ数年よく耳にするようにな...


馬油シャンプーは、馬の脂からとった成分を使ったシャンプーですが、昔から愛用者がおり、肌荒れに効果が高いとされています。馬油シャンプーの特徴として、浸透力が高く、肌の保湿成分が高いという点があります。頭皮が乾燥していたり、うるおいが不足していると、頭皮が荒れやすくなったり、うまく髪の毛が生えなかったりして、髪の成長には悪影響が大きいです。馬油シャンプーを使うと、頭皮のうるおい不足を解消してくれるので...