最も安心して使えるのはアミノ酸系シャンプー



身体に対する安全性が高いのは、アミノ酸系のシャンプーです。

 

髪や頭皮に負担をかけずに優しく洗うことが出来ます

 

全てのタイプの頭皮にやさしく、

 

髪に対しても低刺激で

 

肌=頭皮と同じ弱酸性なので、保湿性が高く、頭皮がつっぱりません。

 

洗い上りの髪のパサツキもなく、髪にもやさしいシャンプーといえます。

 

また、アミノ酸は天然素材で

 

生分解性・資化性(自然にかえりやすいということ)に優れていることから、

 

人体だけでなく、地球環境にも負荷をかけにくいシャンプーです。

 

アミノ酸系シャンプーの見分け方ですが、商品に「アミノ酸系」と書いてあれば、

 

間違いなくアミノ酸系の洗浄成分が含まれています。

 

アミノ酸系の洗浄成分は、沢山の種類や表記があり、

 

一概に「この成分が入っていればアミノ酸系シャンプー」と断言することは

 

難しいのですが、代表的なアミノ酸系の洗浄成分をいくつか挙げると、

 

ココイルグリシンナトリウム、
ココイルグリシンカリウム、
ココイルグルタミン酸ナトリウム、
ココイルグルタミン酸カリウム、
ココイルアラニンナトリウム

などがあります。

 

 

これらのアミノ酸系の洗浄成分が、

 

全成分表示の上の方に書かれていれば、アミノ酸系シャンプーといえます。

 

ただし、アミノ酸系シャンプーは、石けん系シャンプーや、高級アルコール系シャンプーに比べて、

 

洗浄力がやや弱いため、時間をかけて丁寧に洗う必要があります。

 

また髪がペタンとなってボリュームを出しにくいことや、

 

アミノ酸系の洗浄成分を作る原料の価格が高いため、

 

製品の価格も高くなってしまうことは、残念な点といえるでしょう。

 

シャンプーを選ぶときは、皮膚や頭皮にトラブルが起きないかどうかまずはサンプルを試してみましょう。

 

肌が弱い方は、あまり多くの成分が配合されていない

 

(全成分表示の数が少ない)ものを選んだ方がベターです。

 

ある成分に対するアレルギーを持っている場合、

 

配合されている成分の種類が少ない方が

 

トラブルが起きるリスクは低くなると考えられます。

 

前ページ|なぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?

 

 

最も安心して使えるのはアミノ酸系シャンプー関連ページ

毎日使うシャンプーがあなたの髪を痛めている。
毎日使うシャンプーがあなたの髪を痛めている。
無添加・オーガニックシャンプーは本当に安心・安全なのか。
無添加・オーガニックシャンプーは本当に安心・安全なのか。
傷んだ髪が自ら修復するのは嘘
傷んだ髪が自ら修復するのは嘘
なぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?
なぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?
髪の毛を太くするシャンプーはアミノ酸系のシャンプー
洗浄力の強いシャンプーは避けましょう。皮脂をとると薄毛に原因になります
アミノ酸シャンプーを使うと頭皮がかゆくなる理由について
アミノ酸シャンプーを使うと頭皮がかゆくなる理由について
女性の育毛シャンプーの選び方
女性の育毛シャンプーの選び方を現役の美容部員に聞きました。
スカルプDに直接的な発毛効果はなし!
残念、幻想でしかなかったシャンプーのおかげで発毛。
界面活性剤は頭皮に良くないの?
「界面活性剤」という名前は「身体に有害」な化学物質として、しばしば、マスコミなどにも取り上げられていますが良いものと悪いものがあります。
発毛したのはスカルプDのみの結果ではない
あたかもスカルプDで発毛したかのCMは反則のような気が。。。
馬油シャンプーの効果効能について
馬油シャンプーの効果効能について