無添加・オーガニックシャンプーは本当に安心・安全なのか。

「無添加」「オーガニック」「天然成分」「植物性」と聞くと
確かに体にやさしい印象を受けます。

 

ですがそれは単なる印象に過ぎません。

 

なぜなら,無添加やオーガニックの表示には
明確な基準や定義が存在しないからです。

 

例えば無添加シャンプー。

 

これは表示指定成分が入っていないシャンプーを指すことがほとんどです。

 

表示指定成分とは、旧厚生省が定めた、
極稀に安全性に問題があり,
皮膚障害を起こす恐れのある約100種類の成分のことです。

 

つまりそうした成分が添加されていないという意味です。

 

一方で着色料や香料、パラベンなどの防腐剤などが入っていない
商品に無添加のラベルがつけられている場合もあります。

 

こちらの添加されていない成分は
、先程あげた成分とは全く性質が異なります。

そうです。
何が無添加なのかは商品によって異なるのです。

 

ですから無添加の商品こそ、
疑ってかかるくらいでなければいけません。

 

パッケージや説明書に書かれている成分や説明をよく読んで、
自分に有害な成分が含まれていないかを自分で確認する必要があります。

 

オーガニック、天然成分、植物性と言った表示については、
もっと注意が必要です。

 

実はオーガニック、天然成分、
植物性といる成分が1滴でも含まれていれば、
これらのキーワードは、商品に表示していることになっています。

 

原料になる天然成分は1万〜2万種類もあるともいわれています。

 

どれを使ってオーガニックと打ち出すのかは
製造販売元にゆだねられているのです。

 

もちろんほとんどの製品は安全性が確かめられているでしょう。

 

しかしごく稀に配合された植物性の成分に対して,
アレルギーを持っている方が使うと
頭皮トラブルが起きる場合もあります。

 

こんな程度で許されているオーガニック、
天然成分、植物性の表示をありがたがって、

 

少し値の張るシャンプーを使うのは、いかがなものかと思います。

 

私たちは髪やお肌にやさしそうという
イメージに流されて商品を選ぶことをやめなければなりません

 

無添加・オーガニックシャンプーは本当に安心・安全なのか。関連ページ

毎日使うシャンプーがあなたの髪を痛めている。
毎日使うシャンプーがあなたの髪を痛めている。
最も安心して使えるのはアミノ酸系シャンプー
全てのタイプの頭皮にやさしく、髪に対しても低刺激、つまり身体に対する安全性が高いのは、アミノ酸系のシャンプーです。
傷んだ髪が自ら修復するのは嘘
傷んだ髪が自ら修復するのは嘘
なぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?
なぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?
髪の毛を太くするシャンプーはアミノ酸系のシャンプー
洗浄力の強いシャンプーは避けましょう。皮脂をとると薄毛に原因になります
アミノ酸シャンプーを使うと頭皮がかゆくなる理由について
アミノ酸シャンプーを使うと頭皮がかゆくなる理由について
女性の育毛シャンプーの選び方
女性の育毛シャンプーの選び方を現役の美容部員に聞きました。
スカルプDに直接的な発毛効果はなし!
残念、幻想でしかなかったシャンプーのおかげで発毛。
界面活性剤は頭皮に良くないの?
「界面活性剤」という名前は「身体に有害」な化学物質として、しばしば、マスコミなどにも取り上げられていますが良いものと悪いものがあります。
発毛したのはスカルプDのみの結果ではない
あたかもスカルプDで発毛したかのCMは反則のような気が。。。
馬油シャンプーの効果効能について
馬油シャンプーの効果効能について