傷んだ髪が自ら修復するのは嘘

よくトリートメントを使うと,ダメージヘアが修復すると言われています。

 

シャンプーだけだと髪の毛がキシキシするなどの理由から、

 

シャンプーなどには必ずトリートメントをしている人がほとんどだと思います。

 

シャンプーとトリートメントを同じブランドでそろえて使っている人も多いでしょう。

 

そもそも髪が修復するってどういうことか考えたことありますか?

 

あまり意識されていませんが,髪の毛はつめと同じ角質細胞で既に死んだ細胞です。

 

だから切っても痛くないのです。

 

例えば爪の先が割れてその傷がふさがった経験をお持ちの方はいるでしょうか?

 

いるはずがありません。

 

爪の細胞は既に死んでいるからです。

 

新しい爪が伸びてきて傷の部分を切り落とせば傷がなくなった状態には戻ります。

 

しかし皮膚の切り傷がふさがるようには、爪の傷はふさがらないのです。

 

髪の毛も同じです。

 

ダメージヘアが自ら修復する、ということは医学的に考えてありえないのです。

 

となると、こうした効果をうたうトリートメントこそ、逆に,危ない、あやしいということがいえます

 

あなたが選んでいる、また選ぼうとしているトリートメント商品は,何を持って修復と呼んでいるのでしょうか。

 

通常それはいたんだキューティクルを整え、表面をコーティングしているに過ぎません。

 

それを修復と呼ぶことで,言葉のイメージを通して、

 

さも髪の毛が元気を取り戻すような印象を持たせているということです。

 

そうは言ってもシャンプーの後,何も髪につけないということは、おすすめできないのも事実です。

 

特に髪が長い方の毛先は,数年もの間、紫外線やドライヤーの熱、

 

日々のシャンプーなどのダメージにさらされ続けています。

 

ダメージを受けた部分をほうっておくと,そこから髪の内部の水分がどんどん蒸発してしまいます。

 

これは切れ毛・枝毛をうむ原因となります。

 

髪は自ら修復することはないので,ダメージからは適切に保護してあげる必要があります。

 

トリートメントも表示や広告の宣伝コピーに惑わされることなく,自立した消費者として商品を選別していかなければなりません。

 

 

傷んだ髪が自ら修復するのは嘘関連ページ

毎日使うシャンプーがあなたの髪を痛めている。
毎日使うシャンプーがあなたの髪を痛めている。
無添加・オーガニックシャンプーは本当に安心・安全なのか。
無添加・オーガニックシャンプーは本当に安心・安全なのか。
最も安心して使えるのはアミノ酸系シャンプー
全てのタイプの頭皮にやさしく、髪に対しても低刺激、つまり身体に対する安全性が高いのは、アミノ酸系のシャンプーです。
なぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?
なぜシャンプーには悪影響を与える成分が含まれているのか?
髪の毛を太くするシャンプーはアミノ酸系のシャンプー
洗浄力の強いシャンプーは避けましょう。皮脂をとると薄毛に原因になります
アミノ酸シャンプーを使うと頭皮がかゆくなる理由について
アミノ酸シャンプーを使うと頭皮がかゆくなる理由について
女性の育毛シャンプーの選び方
女性の育毛シャンプーの選び方を現役の美容部員に聞きました。
スカルプDに直接的な発毛効果はなし!
残念、幻想でしかなかったシャンプーのおかげで発毛。
界面活性剤は頭皮に良くないの?
「界面活性剤」という名前は「身体に有害」な化学物質として、しばしば、マスコミなどにも取り上げられていますが良いものと悪いものがあります。
発毛したのはスカルプDのみの結果ではない
あたかもスカルプDで発毛したかのCMは反則のような気が。。。
馬油シャンプーの効果効能について
馬油シャンプーの効果効能について