抜け毛の原因はいくつか考えられます

抜け毛の原因について

 

男性ホルモン

 

 

男性ホルモンの一種にテストステロンというものがあります。

 

テストステロンには筋肉の増大や体毛の増加の作用の他に

 

髪の毛を太くする働きがあります。

 

テストステロン自体には抜け毛や薄毛になるような要因はありません。

 

このテストステロンが、毛髪や皮脂にある5αリダクターゼという還元要素により活性化されると、

 

ジヒドロテストステロン(DHT)というより強力な男性ホルモンを作り出します。

 

このジヒドロテストステロンが抜け毛や薄毛などを引き起こすと考えられています。

 

男性ホルモン自体が抜け毛の原因ではないんです。

 

このジヒドロテストステロン(DHT)は髭などの体毛を濃くするんですが、

 

毛髪を薄毛化する働きがあり、毛根を萎縮させる力が通常の男性ホルモンの10〜100倍

 

と言われています。恐ろしい・・・

 

抜け毛を解決するには

 

抜け毛や薄毛の原因、5αリダクターゼとテストステロンが結びついて発生するジヒドロテストロン(DHT)を発生させないようにすれば問題は解決します。

 

5αリダクターゼを抑制するためには、フィナステリド、デュタステライドやミノキシジル、亜鉛やノコギリヤシエキスなどが良く知られています。

 

デュタステライドについては未だ育毛剤としては認可されておらず、これからに期待がかかっています。

 

5αリダクターゼは、還元酵素と呼ばれていて、T型とU型の二つがあります。

 

1型5αリダクターゼ
1型5αリダクターゼは、主に皮脂腺に多く存在します。脂性でにきびが出来やすい人に多いようです。
2型5αリダクターゼ
2型5αリダクターゼは、毛乳頭に多く存在します。体毛や髭が濃い人が多いようです。

 

最近の研究では、特に2型が悪さをして、毛根を弱めて薄毛の原因となるのではと見られています。

 

フィナステリドには、1型を30%、2型を70%程度抑制することができるといわれています。

 

フィナステリドが含まれている商品

プロペシア、プロスカー、ポラリス

 

デュタステライドが含まれている商品

アボダート

 

フィステリドとデュタステライド

 

フィステリドとデュタステライドは男性ホルモンのバランスを保ちながら、5αリダクターゼが発生しないようにしたり、活動を阻害してくれます。

 

これらの成分に頼るだけでなく日頃から規則正しい生活を心がけるようにして、5αリダクターゼが発生しないようにすることも大切です。

 

頭皮の状態

 

皮脂が詰まっていて汚れていたりすると、

 

毛穴が塞がれてしまうので髪の毛が健康な状態でいられなくなってしまい、抜けてしまいます。

 

女性の場合にもホルモンが関係してきますが、

 

この場合男性とは違って女性ホルモンの減少が原因となります。

 

その裏にはストレスや食生活の偏りなどが挙げられます

 

 

シャンプー

 

 

界面活性剤が含まれているものを使ってしまうと、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうので、

 

皮脂バランスが崩れてしまいます。

 

シャンプーの際にゴシゴシと力を入れたり、紫外線のダメージも抜け毛の原因となりますから、

 

日頃から頭皮に良いことを心がけるようにすると、抜け毛の原因を作らずに、

 

健康的な髪の毛を維持することが出来ると思います。

 

また頭皮の乾燥、カラーリングやパーマによる頭皮へのダメージがありますのでご注意くださいね

 

 

抜け毛の原因5αリダクターゼについて関連ページ

なぜ薄毛になるのか?
なぜ薄毛になるのか?
育毛・養毛・発毛・植毛の違いについて
育毛・養毛・発毛・植毛のそれぞれの違いについて