AGA(男性型脱毛症)治療でよく使われる治療薬

薄毛などで悩む人は、
かなりの割合でAGAになっていると言われてて、
日本の技術がスゴいからいまでは
いろんな対策方法も研究されています。

 

発毛成分は
フィナステリドとミノキシジルが有名で
フィナステリドは服用して使用するタイプです。

 

皮膚科などでAGAと診断されると、
医者から処方されることも多い薬で、
効果の高さはある程度信頼がおける薬と言えます。

 

フィナステリドは、AGAの原因である
脱毛因子が発生するのを妨害する効果があって
AGAの進行を止めることができるので、

 

AGAになったらフィナステリドを
早めに摂取すると良いという意見は多いです。

 

また、ミノキシジルもAGA治療でよく使われます。

 

ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、
もともと高血圧などの治療に使われていた成分ですが、

 

今は高血圧の患者に投与すると副作用があるということがわかり、
高血圧には使用されていないようです。

 

血管が拡張すると、毛細血管も広がり、
毛細血管から毛母細胞に提供されている
栄養などが多くなることによって、
発毛効果が期待できます。

 

注意点としては、血管を拡張させるので、心臓に疾患がある人や、
高血圧の人は服用をやめておいた方が良いとされている点なので、
注意してください。