【プログノシャンプー】ニオイもきつく頭皮にかゆみが。全くおススメめできない

 

 

【プログノシャンプー】使用前の頭皮画像
↓ ↓ ↓

 

【プログノシャンプー】使用後の頭皮画像
↓ ↓ ↓

 


>>プログノシャンプー公式サイト

 

わざわざ購入して使ってみましたが

 

プログノシャンプー、化粧品毒性判定事典で成分を調べても

 

頭皮に悪い成分が多すぎます

 

使用感は結構香りがします。

 

化粧品のようなクリームっぽいニオイがします。

 

においがダメな方は向いていません。

 

個人的には臭くはないですが、爽快感よりもしっとり感があります。

 

しっとり感はウーマシャンプーよりも若干ある感じです。

 

でもこの成分じゃ到底おすすめできません。

 

プログノシャンプーの成分

水・ココイルグルタミン酸TEA・(C12,C13)パレス-3硫酸Na・ラウリルベタイン・グリセリン・ラウラミドDEA・ジステアリン酸グリコール・ジメチコンポリオール・ジステアリン酸PEG-150・ココアミンオキシド・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-47・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・卵黄油・加水分解コラーゲン・BG・オクタン酸セチル・トコフェロール・アラントイン・クエン酸・メチルパラベン・ステビア発酵エキス・スフィンゴミエリン・ポリアミノプロピルビグアニド・香料

 

さてさてプログノシャンプーの成分を調べてみましょう。

 

頭皮に問題ありそうと考えられる成分について

 

『ジメチコンポリオール』 合成界面活性剤
頭皮への悪影響度 ☆☆

 

『ココイルグルタミン酸TEA』 合成界面活性剤、洗浄剤
頭皮への悪影響度 ☆☆

 

『ラウリルベタイン』 合成界面活性剤、洗浄剤
頭皮への悪影響度 ☆☆

 

『ラウラミドDEA』 合成界面活性剤、洗浄剤
頭皮への悪影響度 ☆☆

 

『ジステアリン酸PEG-150』 合成界面活性剤
頭皮への悪影響度 ☆☆

 

『香料』
頭皮への悪影響度 ☆

 

『メチルパラベン』 防腐剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『ポリクオタニウム-10』 陽イオン界面活性剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『ポリクオタニウム-47』 陽イオン界面活性剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『ジステアリン酸グリコール』 油剤、閉寒剤、パール化剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『ジメチコンポリオール』 合成界面活性剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『ココアミンオキシド』 合成界面活性剤、洗浄剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン』 陽イオン界面活性剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『加水分解コラーゲン』 保湿剤 界面活性剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

『BG』 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
頭皮への悪影響度 ☆

 

頭皮に問題ない成分について

 

『グリセリン』 保湿剤、変性剤

 

『メチルパラベン』 防腐剤

 

『トコフェロール』  酸化防止剤、V.E

 

『アラントイン』 消炎性、保湿剤

 

『クエン酸』 キレート剤 ph調整剤

 

『ステビア発酵エキス』 香味料、保湿剤

 

『スフィンゴミエリン』 保湿剤

 

『ポリアミノプロピルビグアニド』
防腐剤として使用されている成分で、刺激性も少なく毒性が極めて低いと言われています。

 

水道橋博士がプログノシャンプーを使ってこれの何処が良かったのか
不思議で仕方ありません。

 

水道橋博士自身も本の中でもそれだけでなく私生活も改善の原因だと言われていますが

 

このシャンプーで良くなったとは到底思えません^^:

 

本数が売れているのと髪の毛にいいのとはイコールではないですからね。

 

ん〜おすすめできませんね〜